ネキシウムで逆流性食道炎を治療

逆流性食道炎とは胃酸や胃内容物が胃から食道方向へ逆流し、胃酸により食道が炎症を起こす疾患です。胃は胃粘膜によって胃酸から守られていますが、食道には胃のような防御機能がないため、胃酸によって炎症を起こしてしまうのです。この炎症は長期間続いてしまうと食道がんにもつながってしまうため早期の治療が必要となります。逆流性食道炎が起こる原因としては、胃と食道を隔てる下部食道括約筋のゆるみや胃内圧の上昇などが挙げられます。
逆流性食道炎の治療には胃酸を抑える薬が使用されます。胃酸を抑える薬としてはプロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカーが代表例として挙げられますが、H2ブロッカーよりもプロトンポンプ阻害薬の方が胃酸の分泌を強力に抑えるため、逆流性食道炎の治療によく使用されています。
プロトンポンプにはH2受容体、アセチルコリン受容体、ガストリン受容体が存在し、その刺激によって胃酸は抑えられます。つまりH2ブロッカーではアセチルコリン、ガストリンによる胃酸分泌を抑えることができません。しかしプロトンポンプ阻害薬は胃酸分泌に直接関与するプロトンポンプの機能自体を阻害するので胃酸を強力に抑えることができるのです。
そのプロトンポンプ阻害薬の中でも最も広く使用されている薬にネキシウムというものがあります。ネキシウムは元々存在したプロトンポンプ阻害薬であるオメプラゾールを改良した薬でスーパーPPIとも呼ばれています。オメプラゾールはラセミ体でS体とR体が存在しますが、その中で胃酸分泌抑制作用の強いS体のみを取り出したものがネキシウムの有効成分なのです。つまり無駄を無くした改良版なのです。
副作用も比較的起こりにくい薬なので是非使用してみて下さい。