ネキシウムとトロキシピド、必要なチェックとは

ネキシウムは胃酸過多による症状を緩和する胃腸薬です。
その大きな役割は胃酸の分泌を抑制することです。これにより逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍といった疾患を治療することを目的としています。
また胃の粘膜に感染して傷つけるピロリ菌の除菌や腸を活性化することで便秘防止の効果も持っています。
そしてトロキシピドは胃潰瘍のための薬に含まれる成分です。
トロキシピドには胃粘膜の丈夫にするために血行を良くしたり粘液を増やして、胃酸で胃自体が傷つかないように守ってくれる作用があります。また傷ついて悪化した組織を修復する効能もあります。
どちらも悪くなった胃腸を改善してくれる薬ですが、チェックしなければならない点があります。
それは副作用です。特にネキシウムは要注意です。
ネキシウムは他のプロトンポンプ阻害薬と比べると副作用は少ないですが、強力な薬であることに変わりはありません。その証拠に発疹、皮膚炎、じんましんといった皮膚の症状だけでなく、腹痛や嘔吐といった消化器官に関する副作用が報告されています。
またネキシウムには相互作用を引き起こす報告もありますので、他の薬の副作用や使用方法のチェックが必要です。
例えば抗ウィルスの薬で目にするアタザナビル硫酸塩やリルピビリン塩酸塩が持つ作用を弱める可能性があるため、抗ウィルスの薬を優先する場合は使用を控えるようにと言われています。
反対にトロキシピドは安全性が高く、副作用はほとんどありません。ですが、時として便秘や脱力感、ショック状態、そして肝機能障害などが引き起こされる場合があります。
そうなった場合、副作用をチェックして医師のもとに行くのが最良です。そして医師に相談して検査が必要と診断されたら、躊躇せずに受けることをおすすめします。