精神的胃酸過多改善のネキシウムは腸内腐敗に注意

 ネキシウムは胃酸過多や逆流性食道炎、十二指腸潰瘍などに効果のある薬です。胃酸過多というのは腸内で胃酸が過剰に分泌されてしまう状態のことで、通常は粘液によって胃の粘膜が守られています。しかし、胃酸が過剰に分泌され粘液の分泌が減少したりと胃の環境のバランスが崩れると胃酸により腸内を傷つけてしまいます。その結果胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎といった病気を発症する原因となってしまいます。この胃酸過多の原因にはさまざまなものが挙げられますが、一番の原因は過度の精神的なストレスや食生活が挙げられます。胃酸と胃の粘液は交感神経と副交感神経である自律神経によってバランスが保たれていますが、精神的なストレスが続くとこの自律神経のバランスが崩れ胃酸を過剰に分泌したり胃の粘液は分泌されにくくなってしまいます。そのため、胃酸過多にはネキシウムの服用も効果的ですが、根本的な原因を解消するためには精神的なストレスを解消し食生活や日常生活を整えていくことも必要となります。
 胃酸過多に用いられている薬はH2ブロッカーが挙げられ、H2ブロッカーは胃酸の分泌に関係しているヒスタミンの受容体をブロックすることで胃酸の分泌を抑える働きをします。しかし、このH2ブロッカーより強力な薬がネキシウムのようなプロトポンプ阻害薬という薬があります。しかし、ネキシウムは効果が強力なので胃酸の分泌を抑えすぎて消化不良を起こし下痢を起こしたり便秘になったりと副作用も報告されているので注意が必要となります。便秘はいわゆる腸内腐敗を起こしている状態なので体調不良を起こしやすくなります。さらに腐敗毒が血液中に吸収され肌荒れや頭痛などの症状も起こることもあります。そのため、ネキシウムを服用する際には腸内腐敗を減らすことも重要となります。